早めの安心

20代の方へ

こんなに差がつく!
20代で知っておきたいポイント

将来もらえる年金額 会社員との違い

20代で加入した場合のメリット

  1. 月々の掛金が安く、少ない負担のまま将来まで継続できます。
  2. 1口目だけの加入でも将来2万円(基本月額)の年金に
  3. 資格喪失(脱退)することになっても年金として必ず返ってきます

まだ収入が安定していない若い世代でも、備えは早くから始めた方が絶対有利。

年齡が若ければその分、 掛金も安いし、掛金の全額が所得控除の対象になるから税金が安くなるのもメリットです。

加入プラン例

ここで紹介するプランは一例であり、加入をご検討の際は、福岡県国民年金基金までご相談ください。

20代の
加入例

例えば課税所得額がおよそ300万円の25歳0月男性が、誕生月に1口目として基本A型、2口目以降にA型を3口に加入した場合

(掛金は、選んだ年金の型と加入口数、加入時の年齢、性別によります。)

加入例

税負担の軽減

課税所得金額300万円(所得税10.21%、住民税10%)のA男さんが上記プランに加入すると、所得税と住民税の合計で年間50,747円(概算)軽減されます。
(軽減額50,747円は21年間、50,220円は残り14年間)

国民年基金基金

(全額所得控除)

掛金 年額 251,100円

実質掛金負担額 年額 200,353円
軽減額 50,747円
一般の個人年金

(所得税最高4万円の控除、住民税最高2.8万円の控除)

保険料 年額 251,100円(仮定)

実質掛金負担額 年額 244,216円
 

 

軽減額 6,884円 

(復興特別所得税適用期間)

平成24年1月以降に契約した個人年金の場合

  • 20代の方へ
  • 30代の方へ
  • 40代の方へ
  • 50代の方へ
  • 60代の方へ