素敵なプレゼント

遺族一時金について

遺族一時金とは

遺族一時金とは、1口目のA型、2口目以降の終身年金A型と確定年金T型、U型、V型、W型、X型に加入している方が年金を受け取る前に死亡した場合、または保証期間中にお亡くなりになった場合、生計を同じくしていた遺族(お一人)に支給される一時金のことで、次の@〜Eの順位で支給されます。

@配偶者、A子、B父母、C孫、D祖父母、E兄弟姉妹
加入者が年金受給前に死亡された場合

加入時の年齢、死亡時の年齢、死亡時までの掛金納付期間に応じた遺族一時金額が支給されます。

保証期間中に受給者(加入者)が死亡された場合

年金受給開始後(保証期間中)に死亡された場合、残りの保証期間に応じた遺族一時金が支給されます。



※遺族一時金は、納めていただいた掛金額を下回る場合があります。

終身年金B型(保証期間なし)に加入された場合

B型のみの加入者で年金受給前に死亡された時は、生計を同じくしていた遺族に、一時金として1万円が支給されます。

ご注意

加入期間が15年未満で脱退した場合は、国民年金基金連合会に原資を移し、将来、連合会から年金あるいは遺族一時金を受け取ることになります。
※60歳になるまで加入員であった方については、加入期間が15年未満であった場合でも、加入していた基金から年金あるいは遺族一時金を受け取ることになります。

遺族一時金はいくら?

終身年金A型に35歳で加入された場合の一時金は次の通りです。

遺族一時金

死亡の場合の一時金は男女共通です。尚、非課税です。
遺族一時金の金額については、国民年金基金連合会のホームページで詳しくご覧いただけます。

遺族一時金